Dragon Blog

Dragon Blog

中国に特化した記事と、個人的な人生日記

タイで月10万円生活。大卒でタイに就職した理由

大学卒業してすぐにタイ就職したけど、給料が少ない。給料は日本円にするとちょうど約10万円。2019年4月にタイにきて今日でちょうど6カ月。 大卒で月10万円って周りから見たらアホだと思われるかもしれない。それでもそこそこ楽しく生活できてます。

そこで今日は、タイで月10万円生活する金額の内訳を書いてみます。

 

月々の金額(1バーツ3円で計算)

家賃8500バーツ

交通費3000バーツ

部屋のネット代700バーツ

水道光熱費1000バーツ スマホ(ネットのみ)350バーツ

食費10000バーツ

 

合計23550バーツ 

 

給料が月約30000バーツなので、月6000バーツ(日本円18000円)くらい貯金できます。

普通に生活してるとこれくらいですが、夜遊びするとほぼ手元に残りません。

こんな感じですね。

僕は大学4年生の時に中国重慶に1年間留学していて、もともと大学卒業したら中国で働きたいと思ってたんですが、中国で働くには社会経験(仕事経験)が2年以上必要だそうで、ビザが取れないとわかったのでタイに就職したというわけ。

なぜタイかと言うと中国留学でタイの友達がたくさんできて、そのタイ人の友達と遊びたかったから(本音)。不純な動機(笑)

 まあ、実際にタイで仕事始めたらなかなか遊ぶ時間が取れなくて、その友達とは1回しか一緒に遊んでません。 .そんな訳で今回は新卒で給料10万円生活の内訳を書いてみました。以上!

重慶でおすすめのホテル・宿泊場所

f:id:doragon111:20190516225347j:plain

如家酒店

「如家酒店」というホテルは、私が重慶で唯一実際に泊まれたホテルです。

泊まる場所はホテル以外には、「住宿」という場所があります←後述。

 

なぜ唯一泊まれたホテルかというと、中国の重慶以外の場所はわかりませんが、重慶ではホテルを予約するしないに関わらず、ホテルに行っても、外国人は断られることが非常に多いです。 

 

私が以前重慶にいた時(2018年)、ホテルに宿泊するためにホテルへ電話して予約を取ろうとしたところ、「これまで外国人を受け入れたことがないため、わからない。他を探してくれ」という回答がほとんどでした。おそらくは今後もほとんどのホテルでは、しばらくこんな感じでしょう。

 

実はホテル側のこの回答は、誤りであることが非常に多いと思います。というのは、私が探したホテルの一つに(予約せずに行ったホテル)、もうすでに日本人の知り合いが泊まったことがあるホテルがありました(同じ系列の同じ場所のホテルです)。それでも「これまで外国人を受け入れたことがないので泊まれない」と言われ、宿泊できなかったことがありました。つまり、その時そのホテルのカウンターにいる人によって対応が違うということです。その時は疑問に思いながらも断られたので仕方なく諦めました。

 

 

「如家酒店」は断られたことがない。

「如家酒店」というホテルは、中国全土にあるホテルのチェーン店です。

チェーン店なら外国人でも泊まれるわけではなく、チェーン店であっても断れることがありますが、私が実際に唯一泊まれたホテルがこの「如家酒店」です。

価格は200元(日本円で3000円ちょっと)前後あれば泊まれます。日本に比べれば宿泊費は三分の一です。

このホテルでは予約なしでも泊まれます(パスポートとお金だけで大丈夫)。ただ満室の可能性もありますので、予約した方が確実です。インターネット上から予約可能。

ホテルの人は英語も多少できるので中国語がわからなくても大丈夫です。ちなみに私が泊まった「如家酒店」の場所は、重慶の沙坪坝という結構栄えている場所です。そこのカウンターの人は日本語も少し話せました。「如家酒店」ならどこの場所でも泊まれます。

 

もし重慶に行って泊まる場所に困ったら、「如家酒店」というホテルに行けば問題なく泊まれます。気をつけてほしいのは、「如家酒店」以外のホテルに行く場合、断られる可能性が非常に高いですので、必ず予約をし、その予約時も外国人は泊まれるかどうか確かめてください。

 

 

格安で泊まりたいなら「住宿」

泊まれればどこでもいいという人におすすめの「住宿」。

「住宿」は、重慶では街中に行けば、おばさんたちが勧誘しています。ほとんどの場合、ハートの形をしたプレートのようなものを持っています。カップル向けが多いですが、個人的に行っても全く問題ありません。泊まりたいときは身振り手振りでいいので泊まりたいと伝えれば案内してくれます。

泊まるときはハートのプレートを持って勧誘しているおばさんに案内されて連れていかれるので怪しい感じがするかもしれませんが、実際は問題ありませんので安心してください。歩いて数分で「住宿」に着き、いくつか部屋を紹介され、気に入れば決め、気に入らなければ帰ればいいだけです。

 

住宿のメリット

1.価格は1泊100元前後とかなり安い。

2.真夜中でも外で勧誘しているおばさんがあちこちにいるのでホテルが見つからない時におすすめ。

 

住宿のデメリット

  1. 言葉が通じないことが多い。ほとんどの場合英語が通じず、中国語も重慶の方言で話してくるので、中国語学習者でも聞き取れないことがほとんど。でも何とかなる。
  2. 部屋のテレビは映らないことがある。ほとんどの「住宿」では映りますが、映らない時の問題はテレビが映らないと言葉で伝えられるかどうか。
  3. エアコンのスペックが低い。エアコンがつかないことはほとんどありませんが、温度調節が難しいことがあります。とはいっても布団はあるので冬は特に問題なし。夏は夜でも非常に暑いので寝付けないことがある。部屋を決める段階でエアコンが正常に作動するか確かめましょう。

 

 

 

※「如家酒店」でも「住宿」でも、泊まるときは最初に前金を要求されることがよくあります。この場合はチェックアウト時に返金してもらえるので、前金は要求された時点で渡してください。

 

以上、重慶でおすすめのホテル・宿泊場所でした。

中国で飛び込み営業したら門前払いされた話

f:id:doragon111:20190508161855j:plain

一名様だけのご参加も可能!中国でオーダーメイドツアー 旅情中国

最先端の技術で中国のネット検閲を突破する!【月餅VPN】

中国で留学していた時の話。父親が会社を経営しているため、留学に行く前に私の名刺を作って渡され、名刺をばら撒いてこいと言われたので、留学中に休みの日を利用して会社を紹介するために飛び込み営業のような形で飲食店を歩き回ったことがありました。

実はこれが私の初めての営業経験。当然すべての飲食店に門前払いされ、名刺すら受け取ってもらえませんでした。

というのも実は中国では会社の紹介や仕事関係の話というのは大体がお酒を飲みながら行われるものだからです。知り合いや友達のつながりで一緒に飲み会に参加してそこで名刺交換や仕事の話をするというのが一般的です。

今考えてみれば、見ず知らずの外国から来た若者が突然会社の紹介や商品の紹介に飛び込み営業に行ったところで門前払いされるのも当然といえば当然ですね。

私がこのような中国の文化を知ったのは、四川に友達の家に遊びに行ったときです。友達といっても30代の夫婦なのですが、何日か泊まっていたある日の夜、みんなで火鍋を食べに行こうという話になり、その家族たちだけかと思いきや、レストランに行くと見ず知らずの大人がたくさんおり、みんなその夫婦の知り合いでした。(四川や重慶では火鍋は多くの場合複数人で囲んで食べます)

そこでは外国から来た私をみんな歓迎してくれました。そこで私はその夫婦に、「名刺をみんなに渡したら?」と言われたので、名刺を配ったところみんな喜んで受け取ってくれ、具体的にどんな商品を売っているか、どんな会社なのか、興味をもって聞いてきました。ここですんなりと名刺を受け取ってもらえたわけです。

それまで門前払いされて精神的にきつかったのですが、飲みの場となると逆に向こうから興味をもってもらえるということがわかりました。友達や知り合いつながりで会ったわけですからある意味で信用されていたということですね。

中国ではこういう営業スタイル?(自分を知ってもらえる機会)がよくあります。人と人とのつながりでいろいろな人と会い、その知り合った人と仲良くなると、またそこから新しい人と出会う。ビジネスに関わらずプライベートでもこのような形で友達や知り合いになるわけです。

中には日本でも同じだと思う方もいると思いますが、(合コンなどとは全く違います)中国ではこの人間関係を非常に重視します。日本ではいきなり見ず知らずの人とお酒を飲むという機会はあまりありませんし、もし機会があっても年齢が近くない場合は距離を感じてその時だけになってしまうことも多いとおもいます。

中国のこのような慣習も中国文化の一面であり、そしてこれが中国人の人間関係づくりということです。

私が大学4年に日本の大学に在籍したまま中国留学した方法

f:id:doragon111:20190503140734j:plain

2018年は約1年間中国重慶に語学留学していました。そして留学中、日本の大学では休学していませんでした。

私の場合は、大学三年までに卒業に必要な単位をすべて修得していたからです。とはいえ、大学にはゼミナールというものがあるので、4年生になっても最低でも週一回は必ず授業に参加しないといけません。週一回の授業に参加するために留学を諦めるのもバカみたいなので、ゼミの先生に相談(説得)して、「~~~という理由で留学に行かせてください!」とはっきり言いました。そして先生に合意を頂いたうえで、「留学中の出来事をメールで定期的に送れば、それを出席と見なしてやる」と言われ、留学することができたわけです。

そのため、普通の大学生と同じように4年間大学に在籍して卒業しました。

 

まあ通常大学4年生は就職活動をしますから、反対されると思います。しかし、「私は将来~をします!そのために中国に留学して語学力を身に付けます!」と明確な理由を先生に伝えたことで、納得していただけました。それだけではありません。実は私は、事前に先生に相談したわけではありません。中国に出発する前日にそれを先生に伝えました。

もちろん飛行機のチケットもすでに購入済みでしたし、留学先の学校にも行くことが伝えてあります。出発の前日に伝えた理由は、事前に相談しても反対されると分かっていたからです。私はこの時点で最悪でも休学届を出してでも留学に行くという覚悟はしていました。

先生は私の気持ちを理解してくれ、留学に行くことを承諾してくれました。

こうして日本の大学に在籍したまま中国に留学したわけです。

 

実は、私が通っていた大学には、中国に留学できるプログラムがありました(無料で留学可能)。それでも私がそのプログラムを使わなかったのには理由があります。そのプログラムは交換留学で、中国からうちの大学には多くの中国人留学生が来ています。しかし、うちの大学から中国に留学に行く学生は毎年ほぼゼロ(多くても数人程度)。にもかかわらず留学に行く前には中国語で面接があり、その面接で私はうまく話せず、何度も聞き返してしまい、合否発表日に、語学力が不十分だと伝えられました。それだけはありません、面接の最中に聞き取れなかったことを鼻で笑われました。こんな思いをして行くことないと思い、そのプログラムを使う事をやめました。

そもそも中国語が話せないから聞き取れないから、話せるようになりたい人、聞き取れるようになりたい人が行くための語学留学で、語学力がないから難しいという話がそもそもおかしい。最初からペラペラ話せていたら留学なんか行きません。そして面接中に留学担当の人に鼻で笑われました。その担当者は語学を学習する上で最もやってはいけない、相手を見下して笑うということをしたわけです。こんな態度をとられたらそれは誰だって外国語を学ぶ自信を失いますし、留学に行こうとする人も少なくなります。

このようなことがあったため、大学には一切頼らず、私は自分で留学先を探して自分で留学に行ったわけです。

 

大学という場所は自由な時間がたくさんあるイメージですが、実はほとんどの時間を大学に拘束されていて、自由なことができるまとまった時間がありません。休学届をすると大学によっては多くのお金が必要になります。

やりたいことをする時間、その時間をどのように作るかは人それぞれです。本当に自分のやりたいことがあるなら、それをどのようにやるか考えるべきです。考えたらそれを実行すればいいだけです。私はこの経験を通して周りの人たちと違う行動を恐れてはいけないということを学びました。そして中国留学を通して素晴らしい一生の友達ができ、素敵な思い出がたくさんできました。大学4年生という就職活動をする時期に一年間留学に行ったわけですから、普通であれば周りから反対される選択かもしれません。それでも自分の選択は今では間違ってなかったと思えます。

これから留学を考えている人、何か周りから反対されるかもしれないけどやりたいことがある人、自分の信じた道を選択、実行してください。

まだ23歳にもなっていない若者が何を言ってんだ、と批判されても構いません。私はまだ23歳になっていませんが、これが私の考えです。そして私は私の考えを貫き通します。

 

ちょっと話がずれましたが、以上、私が大学4年に日本の大学に在籍したまま中国留学した方法でした。この記事が留学するかしないか悩んでいる人の励みになれば幸いです。

一名様だけのご参加も可能!中国でオーダーメイドツアー 旅情中国

最先端の技術で中国のネット検閲を突破する!【月餅VPN】

タイでミズオオトカゲ発見!

今日午後に買い物に行くためにスパーに向かい歩いていた時、川?(水路のような場所)でミズオオトカゲを見つけました。

ミズオオトカゲは東南アジアに多く生息するオオトカゲ科の動物です。大きい物だと全長250センチ以上にもなるそうです。

一瞬ワニかと思って驚きました笑。ミズオオトカゲの前身は見えませんでしたが、頭だけ見えて舌をヘビのように出していたのでわかりました。

 

f:id:doragon111:20190502230928j:plain

写真だけだとちょっと小さく見える

f:id:doragon111:20190502230835j:plain

ちなみに見かけた場所はバンコクのバンナー(Bang Na)駅のすぐ近く。

 

ついでにお寺も見かけた。

f:id:doragon111:20190502231101j:plain

f:id:doragon111:20190502231051j:plain


 

 というわけで今日はミズオオトカゲを見つけたというどうでもいい話でした。

今夜は20バーツの弁当食べて寝ます。

f:id:doragon111:20190502231229j:plain

 

中国留学で知り合ったインドネシア人の親友とタイ王国で再開

中国留学で私が最も仲が良かった、なんでも相談できる本当の友達。それがインドネシア人の友達です。

私が中国留学で中国に到着した日(2018年2月27日)にその友達も中国に来ました。

そして一年間同じレベルのクラスで一緒に中国語の授業を受け、いろいろなところに遊びに行き、いろいろな経験を共にしてきた親友です。

私は2019年1月17日に日本に帰国したのですが、それから3カ月ちょっと経ったこの間4月27日に再開できました。その友人がタイに遊びに来たのです。本当に縁があると感じました。私は現在タイのバンコクで仕事をしているので、一緒に遊べたのはその4月27日土曜日だけ。それでも本当にうれしかった。

その時にインドネシアからお菓子を少し持ってきて私にくれ、その友人の実家の特産品をもらいました。

それがこれ↓

 

f:id:doragon111:20190502002113j:plain

初めて食べましたがカステラみたいですごくおいしいです。

他にも

 

f:id:doragon111:20190502002155j:plain

 

もしインドネシアで見かけたら買って食べてみてください。

 

その友人は中国で留学していた時も、よく私にご飯を作ってくれていました。お金を渡そうとしても絶対に受け取らない人です。この前タイで一緒に遊んだ時も観光地の入場料から飲食代まで払ってくれ、私が毎回払おうとすると「払わないで!」の一点張り。なのでずっと申し訳ない気持ちでいっぱいなので、今後は絶対に何らかの形でお返しします!

 

私は中国留学を通して本当に大切な一生の友達と出会ったことは何らかの縁だと思っています。その友達とは他の誰にも相談できないようなことも相談できるほどお互い信頼しています。私はこの友人に対して涙が出るほど感謝していることもたくさんあります。このような友達を一人でも持つことは人生においても非常に大切なことだと思います。私は日本ではあまり友達が多くありません。それでも本当につらい時、悩んでいるとき、苦しい時、どんな時でも力になってくれる、励ましてくれる、こんな友達に出会ったことに感謝しています。今後いつこの友達と出会うかはわかりません。それでもこれからもその友達とは必ず何度も再開するでしょう。

f:id:doragon111:20190502002418j:plain

 

2019年4月23日 タイに到着

しばらくブログの更新をしていませんでした。

 

中国重慶で留学が終わり、すぐに大学卒業だったので、ドタバタしてここ数カ月ブログを更新しませんでした。

中国での留学が終わると同時に大学を卒業し、縁あってタイで働くことができるようになったため今後はタイの情報などもブログに書いていきます。

 

4月23日、バンコク経由シンガポール行きの飛行機にのり、タイに入国。飛行機移動時間5時間半くらい。ドンムアン空港に到着後、入国審査を終えて荷物を受け取り、すぐに空港内のSIMカード売り場でSIMカードを購入(バスポートを提示して自分のスマホを預けるだけ)。

その後一度外に出るが気温が37度、蒸し暑いから空港内に戻り、空港内にあるタクシー案内所でタクシーを手配してもらった。

使ったタクシーはこの会社↓

 水を無料でもらいました(笑)

f:id:doragon111:20190428011908j:plain

 

 

ドンムアン空港からホテル(バンコク市内)まで610バーツくらい。所要時間30分から40分程度。タクシーでは高速道路を行くか聞かれ、イエスプリーズ!と返答。

ネットの情報によると、その方が早くて渋滞せず便利らしい。高速道路ではその都度2回代金を支払った。(高速道路料金) 代金支払い時にもらった領収書的なもの

f:id:doragon111:20190428005235j:plain

f:id:doragon111:20190428005434j:plain

ホテルに到着後、チェックイン時に英語が聞き取れず、中国語で説明してもらった。部屋に荷物を置き、街をぶらぶら。その後電車の最寄り駅を確認し、ホテルに戻り就寝。

 

いつも思うのが、中国人よりも中国語を勉強した外国人の中国語の方が聞き取りやすい。まあ標準語を勉強してるからそれもそうだけど・・・。

 

この記事は4月28日に書いていますが、25日には部屋は見つかり、現在はコンドミニアムに住んでいます。

ベーリング駅から徒歩で10分くらいで、プールとジムが無料で使えるとてもいい環境の部屋を月8500バーツで借りることができました。

 

そして昨日の27日、萎える出来事が・・・・・服を洗おうと洗剤を買ったつもりが、間違って漂白剤を使ってしまい・・・・スーツのズボンを一つダメにしてしまいました。

もしこれからタイで生活する人は気をつけてくださいね。

間違って使った漂白剤はこれ

f:id:doragon111:20190428010248j:plain

使ったときから変な香りだとは思っていたのですが、やっぱり洗剤ではなく・・・。

 

まあやってしまったものはどうしようもないので仕方ありません( ノД`)

 

そして28日の今日は朝から体がだるく、のどが痛い、頭が痛い、腹も痛い・・・。

おそらくはエアコンをつけたまま寝たことで風邪をひいたのだと思いますが、タイに来て最悪の体調という一日です。

 

これからの仕事も大変だと思いますが、頑張って生活していこうと思います!!